オガケン式・釣り方プラスワン

テスト運営中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コトヒキ

南方へ釣りに行っておそらくはじめに出会うであろう魚です。
サイズに対して引きは強く、
ルアーを追うトップスピードは淡水最速。

和歌山などで見かけるこの魚はのんびりしているので
同じ魚には思えません。
kotohiki.jpg

↑三重県。

kotohiki_iri.jpg

↑多分八重山。

大きさは平均15~20cm。30を超えて来ると相当タックルが危ないので注意。
見て来た中で、大きなコトヒキが育つ場所は恵まれた場所だと思います。

釣り方はロングキャスト&回収くらいのリトリーブ。
これでなくてもモチロン掛かりますが、
むしろこれで掛かるのがほとんどコトヒキ。
DSC_8351.jpg

DSC_8393.jpg


沖縄方面ではガチマヤー(がっついたネコ)と呼ばれてます。

DSC_5138.jpg

↑和歌山ではワームで狙った方が釣りやすい魚。
スポンサーサイト

Top

HOME

この人とブロともになる

QRコード

小川健太郎

Author:小川健太郎
当ブログ内の記事はホームページと連動しております。
プロフィールはこちらにあります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。